カルシウムと子供の成長

カルシウムを摂っても効果が無い?

子供の成長に欠かせないカルシウムを毎日しっかり食事で摂らせていますか?
それとも子供カルシウムサプリなど健康補助食品などで摂らせていますか?

 

子供の成長に欠かせないカルシウム。しっかり摂らせているかと思いますが
そのカルシウムを摂っても効果が無い。としたら・・・驚きですよね?

 

子供たちが食事などから摂取したカルシウムが体でどのように使われているかお分かりですよね?

 

 

カルシウムの99%が骨や歯に貯蔵され残り1%が血液の中にあるのです。
1%の血液の中にあるカルシウムが大変重要となるのです。

 

血液中に貯蔵された1%のカルシウムは常に一定量の量を保たなければなりません。

 

必ず血液中の1%のカルシウムの量をキープしなければならないので血液中のカルシウムが減った場合は速やかに補充しなければなりません。

 

その補充するカルシウムはどこにあるカルシウムを利用するのでしょうか?
分かりますか?
それは骨や歯に貯蔵していたカルシウムから補充するのです。
骨や歯に貯蔵していたカルシウムをドンドン引き出すのです。
そして血液中に送り込み血液中のカルシウム量を一定に保つのです。

 

血液中を一定量に保たれているカルシウムの働きはといいますと

 

筋肉を動かすという働き

 

十分なカルシウムが血液中にあると、カルシウムが筋肉の細胞に浸透します。
そして筋肉が縮んだり伸びたりして体をスムーズに動かすのです。

 

神経を伝えるという働き

 

神経に情報を伝えるにはカルシウム濃度が一定の値で血液中で保たれなければなりません。の血液中のカルシウム濃度が一定あると脳の活動を助けスムーズになります。

 

出血した時、止血する働き

 

怪我をして傷口から出血すると、カルシウムの成分が止血する働きがあります。

 

他にもいろいろカルシウムの働きはあります。

 

このように人の生命に関わる働きをサポートしているのが血液中のカルシウムで絶対に一定量を保たなければならないのです。

 

その為、血液中のカルシウムが減った場合は骨や歯からカルシウムを血液中に補充します。
それとは反対に骨や歯はカルシウムが引き出されやがてスカスカになってしまうのです。

 

 

そのような理由から子供の成長期にしっかりカルシウムを補給しなければなりません。

 

しかしそのカルシウムの吸収を邪魔している食べ物があるのです。
子供達の大好きなインスタント食品、スナック菓子などはカルシウムの吸収を邪魔するのです。

 

それでなくても吸収しにくいカルシウムをインスタント食品、スナック菓子がカルシウムを吸収しにくくしているのです。

 

折角のカルシウムを無駄にしているのです。
インスタント食品、スナック菓子はほどほどに食べるようにしましょう。

 

カルシウムが無駄になっていまします。

 

そんな時はカルシウムサプリの利用もお手軽でおススメです。